AGAが引き起こす症状

AGAが引き起こす症状

男性に特有の脱毛の症状として、AGAと呼ばれるものがあります。このAGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、男性ホルモンの変質により、抜け毛や薄毛と行った症状を引き起こすものです。
通常髪の毛が発毛するのは、ヘアサイクルという一定の周期で起こる発毛のメカニズムによるものです。これは正常な状態であれば、古くなった毛髪を自然に脱毛し、その毛穴を一定期間休止状態にした後、新たに同じ毛穴から新しい毛を発毛させるというサイクルになっていますが、変質した男性ホルモンによって、このヘアサイクルが狂わされると、この休止の期間が長くなり、発毛する期間が短くなってしまいます。そのため、AGAの初期症状では、徐々に髪の毛に元気がなくなってきますが、これが進行すると、髪の発毛が止まってしまうことになります。
そのため、AGAの症状を改善するためにはこの男性ホルモンの変質を防ぐことが効果的です。このはたらきを持つフィナステリドを使用した育毛剤は、AGAの治療に広く活用されています。