AGAにあらわれる初期症状の特徴

男性のイラスト

薄毛や脱毛などの髪のトラブルには様々なものがあり、その原因となるものも多様なものとなっています。こうした症状の中で、男性ホルモンが原因として起こる物を、男性型脱毛症といい、AGAと呼ばれることもあります。
このAGAは、男性ホルモンが5αリダクターゼと結合することで、正常に機能しなくなるもので、これにより髪の毛を生やすヘアサイクルに乱れが生じます。このヘアサイクルが乱れると、新しく発毛するための期間が通常より短くなり、これにより健康な髪の毛が生えにくくなります。初期症状としては、毛が徐々に細くなり、ハリやコシが減少してきます。この初期症状から更にAGAの症状が進行すると、新たな発毛が行われなくなり、一度毛が抜けた毛穴から発毛する事ができなくなってしまいます。そのため、この5α還元酵素のはたらきを抑制する物質の使用が効果的で、フィナステリドを含んだ薬剤などが、この症状に有効に作用するとされています。