脂漏性AGAの原因と対策

脂漏性AGAの原因と対策

男性型脱毛症であるAGAは進行性の脱毛症であり、男性の抜け毛の90%以上を占めるといわれています。シャンプーのしすぎ等毛根に直接ダメージを与える行為がAGAの原因となるケースは少なく、遺伝やストレス、喫煙や睡眠不足によるホルモンバランスの乱れによって発症することが大半です。
AGAの症状として最も多いのが皮脂腺の過剰分泌による脂漏性であり、フケや皮膚疾患の原因となるため厄介です。
また毛根に皮脂が詰まることにより脱毛の原因となることも少なくなく、そのことでストレスを溜めてしまうと余計に脱毛症を進行させてしまう恐れもあるため専門医による診断を受けることが大切です。
近年では育毛シャンプーや育毛剤が市販でも手軽に入手することが出来ますが、抜け毛の原因がAGAの場合は科学的根拠に基づいた治療を受けない限りは解決が難しいのが現状です。
原因不明の脂漏性皮膚炎やフケ、抜け毛が気になる方はAGA診断を受けることをおすすめします。