AGA治療

AGAの原因について

AGAの原因について

近年ではテレビや多くのメディアでも取り上げているAGAとは、男性型脱毛症の事で成人男性に見られる髪の毛が薄くなる状態の事です。
AGAの男性型脱毛症の原因は人それぞれとされていますが、一般的に遺伝や男性ホルモンの影響やストレスなどが主な原因と考えられています。
頭頂部や生え際が薄くなってきたり、抜け毛が以前よりも多いと感じたら検査が必要で、そのまま放っておくとAGAは進行してしまい、取り返しがつかなくなってしまう場合があります。
頭皮を清潔にしておく事も大切で、暴飲暴食などや睡眠不足なども抜け毛や薄毛の原因にもなってしまいますので、自分でヘアケアする場合は、生活のリズムなどの見直しも大切になってきます。
AGAの進行パターンの特徴は、脱毛の進行パターンにあり、生え際から後退していくタイプと頭頂部から薄くなるタイプがあり、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛の進行パターンがあります。
どんな原因で、AGAになっているのか知る事も大切です。

AGAの治療を進める

髪の毛が抜けてくる症状には、いくつかのものがあります。
たとえば、男性型脱毛症と呼ばれる症状を挙げることができます。
男性型脱毛症は、AGAと呼ばれている症状で、有効な治療方法が見つけられています。
医療機関では、AGAの治療を積極的に進めるようになってきています。
専門外来が用意されている医療機関もあるのです。
福岡 AGA 病院
基本的には、さまざまな薬を用いて治療を進めていきます。
どのような薬を用いるかは、患者の体質によって変わるため、個別に医師と相談していく必要があります。
薬には、さまざまな副作用があるため、安易に用いることはできません。
市販されている薬を自己判断で用いることには、危険を伴います。
AGAを専門的に取り扱っている医療機関を受診することが原則となるのです。
最初に徹底したカウンセリングを行い、AGAであるかどうかを判断することが大切です。
AGAなのか、そうでないのかによって、治療方法を変える必要があります。

AGAになりはじめる特徴とは

AGAとは若い年代から男性に多くみられる薄毛の症状で男性ホルモンが影響しており男性特有の進行性脱毛症のことを言います。
男性ホルモンだけでなく遺伝的なものも影響されるとも言われています。
AGAの特徴といえば、おでこの生え際から薄くなってしまうM字型のものや、頭頂部分からの薄毛が始まるという脱毛状態という特徴があります。
髪というのは、歳を重ねるごとに成長しにくくなってしまうものですが、AGAになると更に成長期が短縮されてしまうため、髪の毛が太く育毛されずに抜けてしまうという傾向になってしまうのです。
シャンプーをしたときや枕元の抜けが気になるなど、症状が出始めたら早めの治療やケアが必要となってきます。
AGAの場合、髪の毛の成長途中で抜けてしまったり、髪が細くなることで少なく感じる状態であれば毛根がある限りは、髪の毛が生えてくるという可能性もあります。
治療によって発毛効果が出てくることは十分にありますので、一人で悩まずに専門医に相談し治療することで改善できるのがAGAの特徴とも言えるでしょう。